カテゴリー別アーカイブ: 無呼吸症候群

無呼吸症候群を治すグッズがある?

無呼吸症候群を治すグッズって、あるのでしょうか?

実際にはあるのですが、グッズと言ってもおそらく多くの人が
想像するような、誰でも購入できるような市販品グッズとは
ちょっと違います。

まず、無呼吸症候群の治療機器としては、一番最初にマウスピース
が挙げられます。

無呼吸症候群治療用のマウスピースは、睡眠時の気道を確保する
ために、下顎を前方に突き出すように矯正して喉を広げるグッズです。

簡易なものなら通販などでも購入することが出来ますが、本来は
各個人の口の大きさや顎の大きさにあったものでなければなりません。

これは、例えば、骨盤矯正ベルトや猫背矯正ベルトのように、S・M・L
などのサイズから選ぶといったものとは、本来はまったく違うものなのです。

ですから、本当の効果を求めるなら、簡易な市販品を購入するのではなく、
歯科医に最適なマウスピースを作ってもらわなければなりません。

ただし、無呼吸症候群と診断された上で専門の歯科医を紹介してもらえば、
保険が適用されますから、自己負担額が安くなります。

市販されている簡易なマウスピースは、無呼吸症候群の治療目的というよりは、
無呼吸症候群の予備軍的存在であるいびきを改善するのが目的のものです。

もちろん、考え方や原理は同じで、喉の気道を確保するためのものなのですが、
あくまでも無呼吸症候群の疑いがある人や程度の軽い人、または、いびきに
悩んでいる人が使うもので、重症の方は病院で作ってもらうべきでしょう。

【PR】 結婚式までにキレイに

無呼吸症候群の治療方法とは?

無呼吸症候群は、放置するとさまざまな病気の原因となったり、
場合によっては命の危険もある病気ですから早めに対処したい
ものですが、その治療法はどういったものでしょう?

無呼吸症候群を発症している人の多くは、肥満が要因となっています。

そういう方の場合は、まず、生活習慣を改善して、肥満を解消する
のが一番重要なことですよね。

つまり、ダイエットです。無呼吸症候群の治療は、その重症度に
よっても違います。

のんびりダイエットの効果が出るのを待っているだけでは済まされない
重症の患者さんもいますから、その症状や体質に合わせた治療法が
行われます。

治療には主に二種類あり、その一つが原因を解消して症状を改善させる
根治療法であり、生活習慣の改善によるダイエットはこれに当たります。

対して、日々の無呼吸を少しでも減らすための対症療法があります。

特に症状が重症の方には、この方法も併用していく必要がありますよね。

この対症療法にも、いくつかの種類があります。

まず一つが、仰向けで寝ないように、寝る姿勢を改善する努力や工夫を
することです。

また、マウスピースを利用して、喉の気道を確保するという方法もあります。

この場合には、本人の口や喉に合わせて、歯科医で作ってもらうことに
なります。

それ以外にも、鼻に装着するタイプの酸素マスクのようなものを利用する
シーパップ療法も効果的と言われています。

最初は寝苦しく感じるようですが、高血圧や肥満の改善効果もあると
言われており、注目されている治療法の一つです。

【PR】 副作用がある育毛剤

無呼吸症候群の原因とは?

無呼吸症候群は、何故起こるのでしょう?それは寝ているときに、
喉の奥の気道が塞がれてしまうことが原因です。

ですが、気道が塞がれるのには幾つかの要因があります。

元々、生まれつきの体質や骨格などが原因で、寝ているときに
気道がふさがりやすい人と言うのもいます。

例えば、元々、普通の人より舌が大きいため、仰向けに寝ると
舌が喉を塞いでしまう人、鼻の気道が曲がっている人、顎が
小さくて気道が塞がれやすい人などは、生まれつきの骨格などに
問題があるため、無呼吸症候群になりやすい体質と言えます

。それ以外によく知られているのは、肥満でしょう。

実際、欧米では、無呼吸症候群の原因のほとんどが肥満だと
言われています。

日本人の場合は、元々の骨格が遺伝的に欧米人より小さいという
こともあり、体質的な問題の人もいるのですが、体格が欧米化
している現代では、肥満が原因の割合が増えつつあります。

では、肥満がなぜ無呼吸に関係するのでしょう?それは肥満に
よって、首周りにまで脂肪が蓄積すると、脂肪のより気道が圧迫
されるからですね。

ですから、二重あごになっている人などは要注意というわけです。

いずれにしても、睡眠時に喉の奥の気道が圧迫されて塞がることが
原因ですから、風邪などが原因で扁桃腺が腫れた時などには、誰に
でも起こりうる症状です。

無呼吸症候群というと、どうしても働き盛りの中年男性に多いという
イメージがありますが、このような様々な原因がありますから、
女性や子どもでも注意が必要です。

【PR】 借金の返済に困っている

無呼吸症候群の検査方法とは?

無呼吸症候群の検査には、いくつかの検査方法があります。

まずは、家族などによる確認が一番最初になるでしょう。

1回に10秒以上無呼吸になり、それが一晩に5回以上
続くようだと無呼吸症候群と呼ばれ、15回までは軽症、
30回までは中症、それ以上は重症とされています。

おそらくは家族の申告によってこれらが判明し、無呼吸症候群を
疑って受診することになる人が多いことでしょう。

無呼吸症候群の場合、寝ている間の症状ですから、それを検査
するためには寝ている間の検査をする必要があります。

つまり、一般的には入院が必要という事になります。

しかし、その前に自宅で簡易検査を行うことも出来ます。

簡易検査とは、指や鼻にセンサーを取り付けた状態で就寝し、
血中酸素の量などを測定する方法です。

これによって、ある程度、重症度を測定することは可能です。

でも、より精密にという事になると、入院して検査を受ける
ことになります。

検査はまず、問診から始められ、診断のための各種検査が
行われます。

入院検査では、PSGと呼ばれる終夜ポリグラフィーを使った
睡眠状態と呼吸状態の検査を行います。

脳波や心電図・胸部の動き・腹部の動き・鼻の気流・動脈の
血中酸素の計測を行う検査です。

また、それとは別に、体型などの骨格検査やメタボリック症候群
の検査が行われることもあります。

このような検査によって診断が確定すると、その症状によっての
治療方針が決定されることになります。

【PR】 お金が足りない

無呼吸症候群の原因とは?

無呼吸症候群は、何故起こるのでしょう?それは寝ているときに、
喉の奥の気道が塞がれてしまうことが原因です。

ですが、気道が塞がれるのには幾つかの要因があります。

元々、生まれつきの体質や骨格などが原因で、寝ているときに
気道がふさがりやすい人と言うのもいます。

例えば、元々、普通の人より舌が大きいため、仰向けに寝ると
舌が喉を塞いでしまう人、鼻の気道が曲がっている人、顎が
小さくて気道が塞がれやすい人などは、生まれつきの骨格などに
問題があるため、無呼吸症候群になりやすい体質と言えます。

それ以外によく知られているのは、肥満でしょう。

実際、欧米では、無呼吸症候群の原因のほとんどが肥満だと
言われています。

日本人の場合は、元々の骨格が遺伝的に欧米人より小さいという
こともあり、体質的な問題の人もいるのですが、体格が欧米化
している現代では、肥満が原因の割合が増えつつあります。

では、肥満がなぜ無呼吸に関係するのでしょう?

それは肥満によって、首周りにまで脂肪が蓄積すると、脂肪の
より気道が圧迫されるからですね。

ですから、二重あごになっている人などは要注意というわけです。

いずれにしても、睡眠時に喉の奥の気道が圧迫されて塞がることが
原因ですから、風邪などが原因で扁桃腺が腫れた時などには、
誰にでも起こりうる症状です。

無呼吸症候群というと、どうしても働き盛りの中年男性に多いと
いうイメージがありますが、このような様々な原因がありますから、
女性や子どもでも注意が必要です。

【PR】 お金の借入申込

無呼吸症候群の検査方法とは?

無呼吸症候群の検査には、いくつかの検査方法があります。

まずは、家族などによる確認が一番最初になるでしょう。

1回に10秒以上無呼吸になり、それが一晩に5回以上続く
ようだと無呼吸症候群と呼ばれ、15回までは軽症、30回までは
中症、それ以上は重症とされています。

おそらくは家族の申告によってこれらが判明し、無呼吸症候群を
疑って受診することになる人が多いことでしょう。

無呼吸症候群の場合、寝ている間の症状ですから、それを検査する
ためには寝ている間の検査をする必要があります。

つまり、一般的には入院が必要という事になります。

しかし、その前に自宅で簡易検査を行うことも出来ます。

簡易検査とは、指や鼻にセンサーを取り付けた状態で就寝し、
血中酸素の量などを測定する方法です。

これによって、ある程度、重症度を測定することは可能です。

でも、より精密にという事になると、入院して検査を受けることに
なります。

検査はまず、問診から始められ、診断のための各種検査が行われます。

入院検査では、PSGと呼ばれる終夜ポリグラフィーを使った睡眠状態と
呼吸状態の検査を行います。

脳波や心電図・胸部の動き・腹部の動き・鼻の気流・動脈の血中酸素の
計測を行う検査です。

また、それとは別に、体型などの骨格検査やメタボリック症候群の検査が
行われることもあります。

このような検査によって診断が確定すると、その症状によっての治療方針
が決定されることになります。

【PR】 体重を落とすには

今、多い無呼吸症候群とは?

最近、病気や健康についてのテレビ番組でも、よく取り上げられる
ようになった無呼吸症候群。正確には、「睡眠時無呼吸症候群(SAS)」
と言います。

寝ているときに、息が止まる(無呼吸になる)病気です。

寝ているときの姿勢などによって、これは誰にでも起こりうることなの
ですが、一般的には呼吸が止まる時間が10秒以上あり、それが5回以上
続くと病的なもの、つまり、無呼吸症候群と呼ばれます。

太っている人に多く、また、仰向けに寝ていると起こりやすくなります。

一般的には、そのまま窒息死してしまう訳ではないので、すぐに命に関わる
というわけではないのですが、一晩の間に何度も無呼吸になることで熟睡
できず睡眠不足になったり、頭痛などが出ることもあります。

また、自分ではたっぷりの睡眠時間を取り、熟睡しているつもりなのに、
常に睡眠不足のような状態が続き、昼間の仕事中にも眠くてたまらない
状態が続いたり、ボーッとして仕事に集中できなくなるなどの弊害が
起こります。

当然、これらの症状は日を追うごとにどんどん蓄積されていきますから、
次第に身体への負担も増えていき、最終的には命の危険もある病気です。

特に、運転中の居眠り事故などは、即命に関わりますよね。

日頃から大きないびきを掻いて寝る人は、無呼吸症候群の予備軍であると
考えられています。

ですから、心当たりのある人は早めの健康診断を受けることをおすすめします。

【PR】 浮気の調査をしてもらいたい