月別アーカイブ: 2014年9月

無呼吸症候群の検査方法とは?

無呼吸症候群の検査には、いくつかの検査方法があります。

まずは、家族などによる確認が一番最初になるでしょう。

1回に10秒以上無呼吸になり、それが一晩に5回以上続く
ようだと無呼吸症候群と呼ばれ、15回までは軽症、30回までは
中症、それ以上は重症とされています。

おそらくは家族の申告によってこれらが判明し、無呼吸症候群を
疑って受診することになる人が多いことでしょう。

無呼吸症候群の場合、寝ている間の症状ですから、それを検査する
ためには寝ている間の検査をする必要があります。

つまり、一般的には入院が必要という事になります。

しかし、その前に自宅で簡易検査を行うことも出来ます。

簡易検査とは、指や鼻にセンサーを取り付けた状態で就寝し、
血中酸素の量などを測定する方法です。

これによって、ある程度、重症度を測定することは可能です。

でも、より精密にという事になると、入院して検査を受けることに
なります。

検査はまず、問診から始められ、診断のための各種検査が行われます。

入院検査では、PSGと呼ばれる終夜ポリグラフィーを使った睡眠状態と
呼吸状態の検査を行います。

脳波や心電図・胸部の動き・腹部の動き・鼻の気流・動脈の血中酸素の
計測を行う検査です。

また、それとは別に、体型などの骨格検査やメタボリック症候群の検査が
行われることもあります。

このような検査によって診断が確定すると、その症状によっての治療方針
が決定されることになります。

【PR】 体重を落とすには

うつ病と睡眠障害との関係性とは?

うつ病と睡眠障害とは、一見すると何の関連性も無いように
感じられるかもしれませんね。

けれど、実はうつ病と睡眠障害とは、とても深い関わりがあります。

それは、うつ病を患っている方の大半は、同時に睡眠障害も患って
いるケースがとても多いからです。

うつ病には、様々な症状があらわれます。

その中でも、朝早く目が覚めてしまい、その後、なかなか寝付けずに、
布団の中でモンモンと朝を迎えてしまうような、「早朝覚醒型」の
睡眠障害が最も多く引き起こされているようです。

通常、睡眠障害を訴えている人の大半は、実際に家族や医師が観察
すると良く眠っている場合があるのですが、うつ病で睡眠障害を訴えて
いる人のほとんどは、本当に眠れていないのです。

これは、眠気が無いから眠れない訳ではなく、眠たいのに眠れないと
言う最悪の状態を作り出しています。

このまま睡眠障害が続いていくと、食欲の減退や体重の減少といった
身体的な影響も出始めますので、早期に薬による治療が必要となって
きます。

うつ病の睡眠障害の場合には、うつ病の薬を処方すると同時に、
睡眠薬や精神安定剤を処方して睡眠がとれるように促します。

ただ、いくら睡眠障害が解決出来たとしても、根本の原因となった
うつ病を完治させなければ、再び睡眠障害を発症してしまう可能性が
とても高いので、まずはうつ病の完治を目指す事が大切です。

うつ病の治療が進んでいけば、睡眠障害もおのずとなくなっていく
はずです。

今、多い無呼吸症候群とは?

最近、病気や健康についてのテレビ番組でも、よく取り上げられる
ようになった無呼吸症候群。正確には、「睡眠時無呼吸症候群(SAS)」
と言います。

寝ているときに、息が止まる(無呼吸になる)病気です。

寝ているときの姿勢などによって、これは誰にでも起こりうることなの
ですが、一般的には呼吸が止まる時間が10秒以上あり、それが5回以上
続くと病的なもの、つまり、無呼吸症候群と呼ばれます。

太っている人に多く、また、仰向けに寝ていると起こりやすくなります。

一般的には、そのまま窒息死してしまう訳ではないので、すぐに命に関わる
というわけではないのですが、一晩の間に何度も無呼吸になることで熟睡
できず睡眠不足になったり、頭痛などが出ることもあります。

また、自分ではたっぷりの睡眠時間を取り、熟睡しているつもりなのに、
常に睡眠不足のような状態が続き、昼間の仕事中にも眠くてたまらない
状態が続いたり、ボーッとして仕事に集中できなくなるなどの弊害が
起こります。

当然、これらの症状は日を追うごとにどんどん蓄積されていきますから、
次第に身体への負担も増えていき、最終的には命の危険もある病気です。

特に、運転中の居眠り事故などは、即命に関わりますよね。

日頃から大きないびきを掻いて寝る人は、無呼吸症候群の予備軍であると
考えられています。

ですから、心当たりのある人は早めの健康診断を受けることをおすすめします。

【PR】 浮気の調査をしてもらいたい

適度なストレッチが健康にはいい?

ストレッチは無理なく健康を維持することが出来る運動
だと言われています。

では、なぜストレッチで健康を維持することが出来る
のでしょうか。

ストレッチとは元々、筋肉や筋を伸ばすことを意識しな
がら行う運動で、代謝をアップさせる効果があります。

体内の代謝がアップするということは、まず、体内の
血液循環が良くなり、リンパの循環もスムーズに行われます。

体内循環が良くなると、体内にある余分な水分や毒素などの
老廃物が、常に体外に排出されやすい状態であるということ
になるのです。

体内に余分な物をためず排出することで、健康維持に繋がる
のではないでしょうか。

一見、ストレッチは簡単なように見えますが、正しい状態で
行わないと、十分な効果を得ることが出来ません。

ストレッチを行う際に注意したいのが、呼吸です。

息を止めずにゆっくりと呼吸しながらストレッチを行うことが
重要で、息を吐くと同時に筋肉を伸ばすようにすると、より
気持ち良く筋肉を伸ばすことが出来ます。

決して痛みを感じるまで筋肉を伸ばす必要はありません。

痛みを感じるようであれば、その手前の気持ちいいと思える
所まで伸ばしましょう。

あと、ストレッチを行う時はお風呂から出た後など、適度に
体が温まっている状態で行うことをおすすめします。

やはり、年齢を重ねるにつれて、筋肉も硬くなっていく
ものです。

体が温まっていない状態で無理に筋肉を伸ばしたりすると、
怪我の原因にも成りかねないので、注意しなくてはなりません。

テレビを見ながら行ってもいいですから、自分の日常生活の中に
取り入れ、継続させることが大切です。

【PR】 ファッションセンスを良くするには