月別アーカイブ: 2015年1月

無呼吸症候群を治すグッズがある?

無呼吸症候群を治すグッズって、あるのでしょうか?

実際にはあるのですが、グッズと言ってもおそらく多くの人が
想像するような、誰でも購入できるような市販品グッズとは
ちょっと違います。

まず、無呼吸症候群の治療機器としては、一番最初にマウスピース
が挙げられます。

無呼吸症候群治療用のマウスピースは、睡眠時の気道を確保する
ために、下顎を前方に突き出すように矯正して喉を広げるグッズです。

簡易なものなら通販などでも購入することが出来ますが、本来は
各個人の口の大きさや顎の大きさにあったものでなければなりません。

これは、例えば、骨盤矯正ベルトや猫背矯正ベルトのように、S・M・L
などのサイズから選ぶといったものとは、本来はまったく違うものなのです。

ですから、本当の効果を求めるなら、簡易な市販品を購入するのではなく、
歯科医に最適なマウスピースを作ってもらわなければなりません。

ただし、無呼吸症候群と診断された上で専門の歯科医を紹介してもらえば、
保険が適用されますから、自己負担額が安くなります。

市販されている簡易なマウスピースは、無呼吸症候群の治療目的というよりは、
無呼吸症候群の予備軍的存在であるいびきを改善するのが目的のものです。

もちろん、考え方や原理は同じで、喉の気道を確保するためのものなのですが、
あくまでも無呼吸症候群の疑いがある人や程度の軽い人、または、いびきに
悩んでいる人が使うもので、重症の方は病院で作ってもらうべきでしょう。

【PR】 結婚式までにキレイに

無呼吸症候群の治療方法とは?

無呼吸症候群は、放置するとさまざまな病気の原因となったり、
場合によっては命の危険もある病気ですから早めに対処したい
ものですが、その治療法はどういったものでしょう?

無呼吸症候群を発症している人の多くは、肥満が要因となっています。

そういう方の場合は、まず、生活習慣を改善して、肥満を解消する
のが一番重要なことですよね。

つまり、ダイエットです。無呼吸症候群の治療は、その重症度に
よっても違います。

のんびりダイエットの効果が出るのを待っているだけでは済まされない
重症の患者さんもいますから、その症状や体質に合わせた治療法が
行われます。

治療には主に二種類あり、その一つが原因を解消して症状を改善させる
根治療法であり、生活習慣の改善によるダイエットはこれに当たります。

対して、日々の無呼吸を少しでも減らすための対症療法があります。

特に症状が重症の方には、この方法も併用していく必要がありますよね。

この対症療法にも、いくつかの種類があります。

まず一つが、仰向けで寝ないように、寝る姿勢を改善する努力や工夫を
することです。

また、マウスピースを利用して、喉の気道を確保するという方法もあります。

この場合には、本人の口や喉に合わせて、歯科医で作ってもらうことに
なります。

それ以外にも、鼻に装着するタイプの酸素マスクのようなものを利用する
シーパップ療法も効果的と言われています。

最初は寝苦しく感じるようですが、高血圧や肥満の改善効果もあると
言われており、注目されている治療法の一つです。

【PR】 副作用がある育毛剤