月別アーカイブ: 2015年5月

睡眠障害の症状とは?

「不眠症」と言う言葉はよく耳にしていても、「睡眠障害」と言う
言葉はあまり知られていないのではないでしょうか。

睡眠障害とは、不眠症も含めて、睡眠と覚醒に関する様々な症状の
事を指しています。

それでは、睡眠障害の症状には、一体どういったものがあるでしょう。

まずは、眠りたくても眠れない「不眠症」が挙げられます。

寝付くまでに、1時間以上掛かる。夜中に何度も目が覚めて、その後は
なかなか寝付けない。朝早く目が覚めて、それっきり眠れない。

何時間寝ても、眠り足りないと感じるなどの症状です。

次に、「過眠症」です。日中、強い眠気に襲われ、居眠りや倦怠感、
集中力の低下等といった症状が起こります。

また、「概日リズム障害」という睡眠障害もあります。

夜中の遅い時間に眠りに付いて朝の遅い時間に目が覚めたり、寝る
時刻が早過ぎて夜に起きている事が難しくなったり、身体の体内時計が
狂ってしまい、夜更かしや朝寝坊、昼夜逆転などを月単位で繰り返す
といった症状を言います。

その他にも、寝ぼけて寝言を言ったり、酷いいびきをかいたり、
無意識のうちに起き上がったりする夢遊病であったり、睡眠中に異常な
行動を起こしてしまうなどの症状を睡眠障害と呼んでいるのです。

睡眠障害は、その原因も症状も様々です。

時には、急性の身体的な疾病が原因となり、睡眠障害に陥っている
可能性もあるので、改善する為にはまず原因を探る事からはじめましょう。

【PR】 キャバクラで働きたい

睡眠障害のチェック方法とは?

睡眠に関して何らかの悩みを抱えている人は意外と多く、その人数も増加傾向
にあるようです。

しかし、睡眠不足により、日常の生活に支障をきたしていても、治療を受けて
いる人は決して多くはありません。

これから自分で出来る睡眠障害のチェック方法を御紹介致しますので、もしも
当てはまるようであれば、一度専門の医療機関を受診してみる事をお勧めします。

・布団に入って寝る準備をしても、なかなか寝付けない状態が毎日のように
続いている。

・8時間以上眠っているのに、まだ睡眠時間が足りない気がして、なかなか
目覚める事が出来ない。

・日中、常に強い眠気に襲われている。

・寝つく時間と目が覚める時間が、意識していないのに毎日少しずつ後ろに
ズレてしまっている。

・睡眠中にいびき等が原因で何度も目が覚め、熟睡出来ない状態が続いている。

・きちんと眠っているつもりでも、なんとなく疲れが取れていない気がする。

「たかだか睡眠不足で病院なんて」とは、決して思わないで下さいね。

睡眠障害には、実は重大な身体の疾患や精神の疾患が隠されているケースがあります。

また、日中の強い眠気によって、他の人を巻き込んだ事故を引き起こしてしまう可能性も
十分に考えられます。

まずは、自分の睡眠障害を自覚して、質の良い睡眠が取れるように生活の改善を図る
よう努力しましょう。

もし、それでも、日中の眠気や倦怠感が残るようでしたら、迷う事なく専門機関での
治療を受ける事が大切です。

【PR】 即日キャッシングできる所