月別アーカイブ: 2015年7月

最適な睡眠時間ってどれぐらい?

理想的な睡眠時間は、6時間以上などとよく言われてたりしていますが、
最適な睡眠時間とは一体何時間なのでしょうか?

ある所では脳のストレスを解消するためには、最低でも2時間の睡眠が必要だと
書かれていたり、6時間よりも少ない睡眠を続けていると、老廃物や壊れた細胞が
体外に排出されず、体内に毒素が蓄積されて身体的に疲労していくなどとも
言われています。

そうなることで免疫力が低下したり、体調不良を起こしやすくなり、病気にかかり
やすくなるとまで言われているのです。

しかし、睡眠は長い時間とったからと言って、それが最適な睡眠とは限りません。

実際のところ、最適な睡眠時間は人によって個人差があるということなのです。

一番最初にお話しました6時間というのは、最適な睡眠時間ではなく、平均的な
睡眠時間の値です。

もちろん、9時間睡眠をとっても体が疲れやすかったり、眠気を感じる方もいる
でしょうし、5時間しか睡眠をとっていなくても体調が良く、5時間以上睡眠を
とってしまうと逆に調子が悪いという方もいらっしゃいます。

このようなことから、長い時間の睡眠が最適な睡眠時間ではなく、自分自身が
日中に眠気を感じなかったり、体調が優れている状態であることが最適な睡眠時間
と言えるのです。

ですので、自分の体に問題が無ければ、極端に周囲の人達より睡眠時間が短いから
と言って気にすることはありません。

さらに、適切な睡眠時間は性別や年齢などによっても変わってきます。子供と大人
でも睡眠時間は違いますし、普通の女性と妊娠している女性とでも睡眠時間は
変わってくるのが当たり前です。

【PR】 農機具を買い取ってくれる所