【健康維持】なぜ運動が大切?

健康を維持するためには、運動することが大切です。

かといって、無理をして激しい運動をするのは、逆に
よくありません。

適度な運動をすることで、摂取したエネルギーが消費
され、蓄積された脂肪を燃焼してくれます。

エネルギー消費や脂肪の燃焼が行われないと、高血圧や
糖尿病などの病気を引き起こしてしまう可能性が高まり
ます。

健康維持にもっとも良い適度な運動というのは、
ウォーキングなどの軽い運動です。

ウォーキングや水泳は、有酸素運動と言われ、脂肪を
燃焼するのに効果的です。

呼吸をして体内に酸素を取り入れながら運動をすることで、
効率よく脂肪燃焼させてくれます。

また、有酸素運動を継続して行っていくことで、体内への
酸素の供給が効率的に行えるようになり、血液循環が良く
なるのです。

これによって、動脈硬化や心筋梗塞、脳卒中などの恐ろ
しい病気の予防につながります。

適度な運動には、他にも様々な効果があります。

運動をすることで、当然、骨に力が加わるので、骨を丈夫に
してくれます。

そして、筋肉が鍛えられ、筋力のアップにもつながりますし、
関節や筋肉も柔らかくなるでしょう。

このように、適度に運動を行えば、体重をコントロールしたり、
脂肪や血糖値、コレステロール値など、増加すると病を引き
起こすあらゆる数値を改善していくことができます。

普段の日常生活の中で、なかなか運動する機会は少ないと思い
ますが、少し意識するだけで、生活習慣病の予防にとても
効果的です。

通勤を徒歩にするなど、ちょっとした工夫を心がけてみましょう。

また、運動に限らず、食生活を含め、一度生活習慣を見直して
みてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です