睡眠学習って本当に効果ある?

皆さんは、睡眠学習を知っていますか?一般的に言われている睡眠学習とは、
勉強したい言語や記憶したいことを音声で流したまま寝ることで、その内容を
寝ている間に記憶するという学習方法なのです。

実際、睡眠学習を試した方もいらっしゃるようですが、効果の有無は定かでは
ないようです。

むしろ、効果がないと言っている方が多いのではないでしょうか。

レム睡眠とノンレム睡眠という言葉を知っていますか?

ノンレム睡眠は深い眠りについている状態のことを言うのですが、ノンレム睡眠時
には体の成長や脳や体の休息を行っています。

レム睡眠はノンレム睡眠とは逆で、浅い眠りについている状態のことを言います。

レム睡眠時は寝ているにも関わらず、脳が活発に動いている状態にあり、脳内に
ある情報を処理しているのです。

このようなことから、勉強したことを脳にしっかりと定着させるためには、情報処理を
行っているレム睡眠時間を十分にとることが必要なのではないでしょうか。

やはり、寝ている間に音を流しているということは、脳がその音に無意識のうちに
反応してしまうので、決してその睡眠は質の良い睡眠とは言えないのです。

学習効果を高めるためにも、質の良い睡眠を十分にとることが必要不可欠になって
きます。

睡眠時間をしっかりとることも学習のうちだ、なんて言葉を昔からよく耳にして
きたと思います。

働いていたりすると、なかなか規則正しい質の高い睡眠をとることが難しくなって
くるとは思いますが、出来れば最低でも約6時間は睡眠時間を毎日とり続けていくと
良いでしょう。

【PR】 今のキャバクラ店を辞めたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です