短時間睡眠のメリットデメリットって?

一日三時間だけ睡眠をとるだけで、快適に日々の生活を送ることが出来ると
いうような短時間睡眠法という物があることをあなたはご存知でしたか?

睡眠時間を短くすることで、一日に自由に過ごすことの出来る時間が増える
というような方法です。

今までよりも睡眠時間を削っているのですから、自分が自由に使える時間が
増えるのは当たり前ですよね。

短時間睡眠のメリットは、自由に使うことの出来る時間が以前よりも増える
だけではないのです。

常に不安やストレスを抱えているような方は、時間にも余裕がないことが
多かったりします。

何かをしたいのに時間がないから出来ないと思っていると、それがストレス
にも繋がるのです。

しかし、睡眠時間を削って新たな時間を作ることが出来るので、時間にも
余裕が出来て、充実した生活を送ることが出来ます。

時間に余裕が出来ると気持ちにも余裕が出来るので、他人にも優しく接する
ことが出来たりもしますよね。

こう考えるとメリットばかりのようですが、実はデメリットもあるのです。

きっと短時間睡眠法を試してみれば実感すると思いますが、睡眠時間を
長時間から短時間に切り替える最初の頃にデメリットを感じると思います。

やはり、今まで6時間や8時間睡眠をとっていた方が3時間まで睡眠時間を
減らすとなると、寝不足の状態になります。

寝不足になると、日中仕事をしている時間帯でも眠気を感じたり、眠いのに
寝れないというストレスを感じるでしょう。

そうなると、仕事やプライベートにも悪影響を与え兼ねません。

一度に3時間まで睡眠時間を減らしてしまうのではなく、徐々に睡眠時間を
短くしていくと良いでしょう。

【PR】 お金すこし借りたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です