【健康維持】成人病ってどんな病気を指すの?

成人病とは、日常生活の中で不規則な生活習慣を積み重ねて
いくことで引き起こる病気のことをいいます。

成人病は成人している人だけが患う病気、加齢に伴って患う
病気であるとされていました。

でも、最近では、大人だけでなく、子供もかかる病気とされ、
生活習慣病と呼ぶようになりました。

不規則な食生活や飲酒、喫煙、運動不足、睡眠不足、ストレス
などが積み重なることによって、成人病を患ってしまう可能性が
高くなります。

日本人の死亡率の3分の2の人が、成人病で死亡していると
言われているほどです。

不健康な生活を送っていると患う疾患を総称して、成人病といいます。

糖尿病、脳卒中、心臓病、高脂血症、がんなどの病も、成人病の一種
となります。

成人病の中でも特に恐ろしい病が、心臓病・がん・脳卒中です。

これらは三大生活習慣病とも言われています。他にも、高血圧や肥満
なども成人病の中に含まれます。

肥満や高血圧など、成人病の中には自覚症状がない病気もありますが、
気をつけなければ、動脈硬化や心筋梗塞、脳卒中などの大きな病気へと
発展し、死に至るケースも少なくありません。

毎日の習慣や食生活から、成人病にならないように健康を意識する
ことが大切です。

成人病は意識して規則正しい生活を送ることで、防ぐことのできる
病気です。

また、成人病を早期発見、早期治療するためにも、三十代を過ぎたら
定期的な健康診断を受けた方がいいでしょう。

成人病は自覚症状がないくらい早いうちに発見して、適切な治療を
行えば、改善できることが多いです。

逆に、自覚症状が出てしまってからでは、完全な回復が見込めない
くらい病状が進行してしまっていることも少なくありません。

【PR】 お金をすぐに貸してくれる所

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です