【健康維持】マーガリン、ショートニングは危険?

マーガリンは植物性だから、バターを使うよりもヘルシーだと
思って、朝食のパン等に使用している人も多いのでは?

また、ショートニングを使うと、さっくりと焼き上がる為に、
お菓子作りによく使用されていますね。どちらも当たり前の
ように使用していますが、実は健康維持の為にはマーガリンも
ショートニングも危険な食べ物だったのです。

それでは、一体どのように危険なのでしょうか。まず、問題に
なってくるのが、マーガリンやショートニングに含まれている脂肪、
「トランス脂肪酸」と呼ばれているものです。

このトランス脂肪酸を摂取する事によって、プロスタグランジンと
言う血圧など、様々な体の機能を微調節する重要な物質である
ホルモンが作られなくなってしまいます。

また、トランス脂肪酸を排泄する為の代謝には、大量のビタミンと
ミネラルが消費されてしまうそうです。

その上、私達の体内の細胞を傷つけ、ガンの原因にもなると言う
研究結果まで報告されているのです。

実際に、このトランス脂肪酸の有害性から、オランダではトランス
脂肪酸を含む油脂製品が販売禁止に、デンマークでもまた、毒物扱い
とされて禁止されています。

また、アメリカやカナダでは使用禁止の運動が起きている状況です。

けれど、日本ではまだまだマーガリンやショートニングの危険性が
十分に認知されているとは言えず、今でも当たり前のように私達が
口にする食品に含まれています。

健康を維持していく為には、このようなトランス脂肪酸を含む食品は
避けた方が無難だと言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です