【健康維持】かかりつけ医を持つことが大切?

昔は病院も少なく、通える範囲の病院に行くしかないのが一般的
でしたから、大抵は「かかりつけ医」というのがありました。

自宅から比較的近くにある個人病院に、家族全員が何かの時には
お世話になるというのが普通でした。

しかし、少し大きな都市では、幾つもの総合病院が出来たり、
電車やバス・自家用車で、いつでも遠くの病院まで通えるように
なった現代では、かかりつけ医という風習そのものが薄れている
ようです。

何かあったら、その病状に合わせて専門の病院にかかればいいと
いった考えの方が多いと思います。

しかし、最近では、「かかりつけ医制度」というのが見直されつつ
あります。

それは何故だと思いますか?実は、病気の早期発見などのためにも、
日常的に体調を理解している存在というのはとても重要なのです。

昔、近所のかかりつけ医にお世話になっていた方たちは、病気でも
怪我でもともかく同じ医師に掛かっていましたから、その病院には
赤ん坊の頃から大人になるまでの病歴やカルテが全て揃っていました。

家族のカルテも揃っていますから、例えば、はしかのような伝染病でも、
「この家族は大丈夫」とか、「この家族は予防接種をしてない」とか、
「まだ掛かったことがない」といった事も把握できていました。

ですから、ちょっとした症状からも変化を見逃さずに、必要ならば
直ぐに大きい病院を紹介できたのです。

そして、病院不足といわれる昨今は、そういった制度が見直されつつ
あるのです。

【PR】家を売りたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です