五大栄養素を摂ることが大切?

ダイエットを行う時、美容について考える時、健康診断で何か引っかかって
しまった時、成人病の疑いがあると言われた時。

さまざまな場面で必ず言われる言葉が、「栄養バランスの良い食事を心がけて
ください」ですよね。

おそらく学校で習ったと思いますが、人間が生きていくためには、五大栄養素
が必要とされています。

◆エネルギー源となる「糖質(炭水化物)」
◆同じくエネルギー源となる「脂質」
◆骨や組織・筋肉・血液など、体の元になる「タンパク質」
◆糖質・脂質・タンパク質の働きを助ける「ビタミン」
◆機能の維持や調整を行う「ミネラル」

これらの五大栄養素が不足すると、人間はその機能を維持できなくなります。

もちろん、突然、パタッと機能停止してしまうわけではありませんが、徐々に
いろいろな不具合を出すようになってしまいます。

例えば、免疫力が低下したり、すぐに疲れて動けなくなってしまったり、骨が
折れやすくなってしまったり・・・と言った具合です。

また逆に、取り過ぎても不具合を起こすことがあります。

糖質や脂質のとりすぎは肥満を引き起こしたり、ビタミンAを取り過ぎると
「ビタミンA過剰摂取症」で頭痛や嘔吐を起こしたり、妊娠中の場合だと
赤ちゃんが奇形になることさえあります。

このように、さまざまな栄養素は、取らなければ正常な生活機能を失いますし、
だからといって、多く取れば良いというものでもないのです。

まさに、「バランスの良い食事」でなければなりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です