【健康維持】サプリメントは飲んだほうがいい?

最近では、自分の健康管理をしっかりと行う、健康志向の強い人が
増えています。

健康志向の人が増える事にともなって、年々サプリメントの需要も
高まっているようです。

サプリメントは飲んだほうがいいのかどうかについては、正直なところ、
どちらともいえません。

一昔前までは、米を主食とし、野菜や豆類を多く摂る伝統的な和食が
中心の食事でした。

しかし、今はファーストフード店が増え、ジャンクフードなどを好んで
食べる人が増えています。

このように食生活が激変し、現代の人の多くは栄養不足だと言われて
いますよね。

摂取するカロリーは多いのに、必要なビタミンやミネラルが足りていない
人が多いのが現実です。

その栄養バランスを調整するために、サプリメントを摂取し、栄養を補って
いるという人が多いのです。

普段から野菜をたくさん食べている人でも、運動不足だったり、ストレスが
たまっていたりと、完璧な日常を送れている人はほとんどいないと思います。

サプリメントは食事面の栄養だけでなく、健康維持のための様々な問題に
働きかけます。

このことから、サプリメントは、現代人にとって必要不可欠なものだと言える
かもしれません。

ただ、サプリメントは薬ではありませんので、即効性はないのです。

あくまでも栄養補助食品ですから、緊急性の高い症状の場合には、病院で
薬を処方してもらう必要があります。

それに、サプリメントはそのメーカーによって、有効な成分の含有量も品質も
まちまちです。

価格が高ければ高品質であるとは限りませんし、有名なメーカーのサプリメント
だから安心だとも言い切れないのです。

また、サプリメントを摂取することで、そのサプリメントの成分がどのくらい体に
吸収されて有効に働いているのかは十分に検証されているとは言えません。

そのため、サプリメントを摂取して効果が実感できるかは、ケースバイケース
でしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です