米は玄米がいい?

玄米とは、米の殻だけをとった状態のもので、玄米からヌカを
取れば胚芽米になり、胚芽米から胚芽も取ってしまえば白米
(普段私たちが食べている精米)になります。

実は、米の栄養分の殆どは、胚芽とヌカにあるため、白米の
栄養価は殆ど無いことがよく知られていますよね。

では、何故わざわざ精米して食べるのかというと、それは味を
優先させている為です。

逆に言えば、胚芽米や玄米は、白米に比較して「まずい」と
いう事になります。

つまり、美味しく食べるためには、ヌカや胚芽の部分を完全に
とった方が良いという事になり、高級志向が高まるにつれ、より
一層削った米が多く出されるようになりました。

特に、東北の震災後に売上が伸びた「無洗米」は、米を研ぐ必要
がないよう完全に胚芽やヌカとなる部分を取り去った米です。

胚芽やヌカは、米が芽を出して成長するために重要な部分ですから、
その部分を取ってしまうと殆ど栄養は残りません。

米を研ぐという行為も、多くの場合、水が濁らなくなるまで何度も
研ぐ人が多いと思いますが、実はその白い水にこそ栄養があるんです。

それは、精米しても残っていたヌカに当たるのですから。

そんなわけで、白米より胚芽米。胚芽米より玄米の方が、味は
まずいが栄養価は高いという事になりますね。

また、玄米は白米と比較すると、消化に時間がかかるため、血糖値の
急上昇を防ぎ、多くの食物繊維やビタミン・ミネラルを含み、しかも
、白米よりカロリーが少ないという、女性に嬉しい食品なんですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です