うつ病と睡眠障害との関係性とは?

うつ病と睡眠障害とは、一見すると何の関連性も無いように
感じられるかもしれませんね。

けれど、実はうつ病と睡眠障害とは、とても深い関わりがあります。

それは、うつ病を患っている方の大半は、同時に睡眠障害も患って
いるケースがとても多いからです。

うつ病には、様々な症状があらわれます。

その中でも、朝早く目が覚めてしまい、その後、なかなか寝付けずに、
布団の中でモンモンと朝を迎えてしまうような、「早朝覚醒型」の
睡眠障害が最も多く引き起こされているようです。

通常、睡眠障害を訴えている人の大半は、実際に家族や医師が観察
すると良く眠っている場合があるのですが、うつ病で睡眠障害を訴えて
いる人のほとんどは、本当に眠れていないのです。

これは、眠気が無いから眠れない訳ではなく、眠たいのに眠れないと
言う最悪の状態を作り出しています。

このまま睡眠障害が続いていくと、食欲の減退や体重の減少といった
身体的な影響も出始めますので、早期に薬による治療が必要となって
きます。

うつ病の睡眠障害の場合には、うつ病の薬を処方すると同時に、
睡眠薬や精神安定剤を処方して睡眠がとれるように促します。

ただ、いくら睡眠障害が解決出来たとしても、根本の原因となった
うつ病を完治させなければ、再び睡眠障害を発症してしまう可能性が
とても高いので、まずはうつ病の完治を目指す事が大切です。

うつ病の治療が進んでいけば、睡眠障害もおのずとなくなっていく
はずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です