無呼吸症候群の検査方法とは?

無呼吸症候群の検査には、いくつかの検査方法があります。

まずは、家族などによる確認が一番最初になるでしょう。

1回に10秒以上無呼吸になり、それが一晩に5回以上続く
ようだと無呼吸症候群と呼ばれ、15回までは軽症、30回までは
中症、それ以上は重症とされています。

おそらくは家族の申告によってこれらが判明し、無呼吸症候群を
疑って受診することになる人が多いことでしょう。

無呼吸症候群の場合、寝ている間の症状ですから、それを検査する
ためには寝ている間の検査をする必要があります。

つまり、一般的には入院が必要という事になります。

しかし、その前に自宅で簡易検査を行うことも出来ます。

簡易検査とは、指や鼻にセンサーを取り付けた状態で就寝し、
血中酸素の量などを測定する方法です。

これによって、ある程度、重症度を測定することは可能です。

でも、より精密にという事になると、入院して検査を受けることに
なります。

検査はまず、問診から始められ、診断のための各種検査が行われます。

入院検査では、PSGと呼ばれる終夜ポリグラフィーを使った睡眠状態と
呼吸状態の検査を行います。

脳波や心電図・胸部の動き・腹部の動き・鼻の気流・動脈の血中酸素の
計測を行う検査です。

また、それとは別に、体型などの骨格検査やメタボリック症候群の検査が
行われることもあります。

このような検査によって診断が確定すると、その症状によっての治療方針
が決定されることになります。

【PR】 体重を落とすには

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です