過眠症とはどんな病気?

睡眠不足で日中に眠いのは、当たり前の事ですね。

けれど、「過眠症」と言う病気は、睡眠時間を十分に確保している
にも関わらず、日中に強い眠気を感じ、起きているのも困難な程に
なってしまう症状を指します。

具体的な過眠症の種類には、以下のようなものが挙げられます。

・ナルコレプシー・・・世界的には、1000人から2000人に
1人と言われていて、主に10代で発症します。

日中、突然に耐え難い眠気が襲い、何処ででも居眠りをしてしまう
「睡眠発作」を起こしたりします。

例えば、会議中や大切な試験の時間等、決して眠ってはいけない
ような状況でも居眠りをしてしまうのです。

・特発性過眠症・・・ナルコレプシーよりも有病率は少なく、主に
10代~20代で発症します。

睡眠時間を十分に確保していても、日中に眠気に襲われると、
2、3時間は眠ってしまいます。

少しずつ眠気が高まって行くと言った特徴があります。

・反復性過眠症・・・非常に珍しい病気で、主に10代で発病します。

1日に18~20時間も眠るような強い眠気を伴う「傾眠期」と
呼ばれる時期が3日~3週間持続し、その後、自然に回復して症状が
おさまります。

そして、再び、不定期に傾眠期が繰り返し出現してきます。

傾眠期と傾眠期の間の、症状がおさまっている期間は、普通の日常生活
を送る事が出来ます。

過眠症の原因は、遺伝的な要素やストレス等と言われていますが、
確定的な原因はまだ判っていません。

もし、十分に睡眠をとっていても、眠りが足りないと感じるような
場合には、神経内科や精神科等を受診してみると良いでしょう。

【PR】 車を手放したい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です