今、多い無呼吸症候群とは?

最近、病気や健康についてのテレビ番組でも、よく取り上げ
られるようになった無呼吸症候群。正確には、
「睡眠時無呼吸症候群(SAS)」と言います。

寝ているときに、息が止まる(無呼吸になる)病気です。

寝ているときの姿勢などによって、これは誰にでも起こりうること
なのですが、一般的には呼吸が止まる時間が10秒以上あり、それが
5回以上続くと病的なもの、つまり、無呼吸症候群と呼ばれます。

太っている人に多く、また、仰向けに寝ていると起こりやすく
なります。

一般的には、そのまま窒息死してしまう訳ではないので、すぐに
命に関わるというわけではないのですが、一晩の間に何度も無呼吸に
なることで熟睡できず睡眠不足になったり、頭痛などが出ることも
あります。

また、自分ではたっぷりの睡眠時間を取り、熟睡しているつもりなのに、
常に睡眠不足のような状態が続き、昼間の仕事中にも眠くてたまらない
状態が続いたり、ボーッとして仕事に集中できなくなるなどの弊害が
起こります。

当然、これらの症状は日を追うごとにどんどん蓄積されていきますから、
次第に身体への負担も増えていき、最終的には命の危険もある病気です。

特に、運転中の居眠り事故などは、即命に関わりますよね。

日頃から大きないびきを掻いて寝る人は、無呼吸症候群の予備軍であると
考えられています。

ですから、心当たりのある人は早めの健康診断を受けることをおすすめ
します。

【PR】 車の買い替えをしたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です