無呼吸症候群の原因とは?

無呼吸症候群は、何故起こるのでしょう?それは寝ているときに、
喉の奥の気道が塞がれてしまうことが原因です。

ですが、気道が塞がれるのには幾つかの要因があります。

元々、生まれつきの体質や骨格などが原因で、寝ているときに
気道がふさがりやすい人と言うのもいます。

例えば、元々、普通の人より舌が大きいため、仰向けに寝ると
舌が喉を塞いでしまう人、鼻の気道が曲がっている人、顎が
小さくて気道が塞がれやすい人などは、生まれつきの骨格などに
問題があるため、無呼吸症候群になりやすい体質と言えます

。それ以外によく知られているのは、肥満でしょう。

実際、欧米では、無呼吸症候群の原因のほとんどが肥満だと
言われています。

日本人の場合は、元々の骨格が遺伝的に欧米人より小さいという
こともあり、体質的な問題の人もいるのですが、体格が欧米化
している現代では、肥満が原因の割合が増えつつあります。

では、肥満がなぜ無呼吸に関係するのでしょう?それは肥満に
よって、首周りにまで脂肪が蓄積すると、脂肪のより気道が圧迫
されるからですね。

ですから、二重あごになっている人などは要注意というわけです。

いずれにしても、睡眠時に喉の奥の気道が圧迫されて塞がることが
原因ですから、風邪などが原因で扁桃腺が腫れた時などには、誰に
でも起こりうる症状です。

無呼吸症候群というと、どうしても働き盛りの中年男性に多いという
イメージがありますが、このような様々な原因がありますから、
女性や子どもでも注意が必要です。

【PR】 借金の返済に困っている

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です