漢方で睡眠障害を克服できる?

睡眠障害の一つとして、慢性的に眠れない状態が続くような
不眠症などがあげられます。

不眠症を治療するために睡眠導入剤などを服用することはあり
ますが、このような睡眠障害を漢方薬で治療することは可能
なのでしょうか?

不眠症に効果があると言われている漢方薬は、様々な種類が
ありますが、いくつかここで紹介したいと思います。

代表的な物としては、「大柴胡湯」「半夏厚朴湯」「抑肝散」
「温経湯」などがあります。

半夏厚朴湯にはイライラを沈めるような効果もあるので、不眠症
などにも用いられています。

上記であげた漢方薬は、心の緊張やストレス、疲れをといて、
自然な睡眠に導入出来るような効果を持っています。

実際、漢方薬を服用してからすぐに、安定した睡眠を得られる
ようになるわけではありません。

漢方薬は元々即効性のある物ではなく、継続的に服用し続けて
効果があらわれてくる物なのです。

早い方であれば、服用し始めてから1ヶ月前後で効果があらわれて
くる方もいますし、遅い方ですと、それ以上の期間服用しないと
効果があらわれない方もいます。

一番良い方法は、漢方薬を服用しながらも、不眠症などの睡眠障害
の原因となっている要素を取り除いてあげることです。

漢方薬を服用し続けているだけでは、根本的な治療にはなりません。

睡眠障害を起こしてしまうようなストレスや精神的刺激をなくしたり、
毎日不規則な生活をしているようであれば、生活習慣を見直したり
していかなくてはならないのです。

漢方薬も人によって合う合わないがあるようなので、自分にあった
漢方薬を見つける必要があります。

【PR】 お金の借り方

アロマやハープで睡眠障害が緩和できる?

数年前から、アロマやハーブという言葉をよく耳にする機会が
増えたと思いますが、人間は嗅覚が感じ取る物によって、自分の
感情が大きく左右されることがあるのです。

このような人間の性質を利用し、アロマやハーブで睡眠障害を
緩和することが出来ます。

既にヨーロッパでは古くから、睡眠薬のかわりに薬用のハーブが
用いられている歴史があります。

効くか効かないかは、薬でもあるようにアロマやハーブでも同じ
ことが言えるので、効果にも個人差があるでしょう。

しかし、あまり睡眠薬は服用したくないとお考えであれば、アロマや
ハーブを一度試してみてはどうでしょうか。

アロマと先程から言っていますが、実際はアロマテラピーのことで、
香りで人間の脳に働きかけます。

アロマは方法も簡単で、アロマ専用のウォーマーで温めて寝室に置いて
おくだけなのです。

置いておくだけで部屋の中に香りが広がるので、その香りで精神的に
出来ると言われています。

アロマには様々な種類があるのですが、睡眠障害に効果がある物と
しては、「ラベンダー」「ベルガモット」「イランイラン」などが
あります。

ハーブも飲むだけなので、方法としては簡単ですよね。睡眠障害に
効果があると言われている代表的なハーブとしては、「聖ヨハネ草」
があります。

聖ヨハネ草は、昔からアメリカやヨーロッパでは、うつ病や不眠症の
治療薬として使用されています。

このハーブには鎮静効果があると言われているので、アメリカ・ヨーロッパ
では愛用者が数百万人いると言われています。

使用する際には、一度かかりつけの医師に相談すると良いでしょう。

カプセル状になっている物や粉末、液状の物と形態も様々です。

【PR】 お金を借りたくない

睡眠障害の症状とは?

「不眠症」と言う言葉はよく耳にしていても、「睡眠障害」と言う
言葉はあまり知られていないのではないでしょうか。

睡眠障害とは、不眠症も含めて、睡眠と覚醒に関する様々な症状の
事を指しています。

それでは、睡眠障害の症状には、一体どういったものがあるでしょう。

まずは、眠りたくても眠れない「不眠症」が挙げられます。

寝付くまでに、1時間以上掛かる。夜中に何度も目が覚めて、その後は
なかなか寝付けない。朝早く目が覚めて、それっきり眠れない。

何時間寝ても、眠り足りないと感じるなどの症状です。

次に、「過眠症」です。日中、強い眠気に襲われ、居眠りや倦怠感、
集中力の低下等といった症状が起こります。

また、「概日リズム障害」という睡眠障害もあります。

夜中の遅い時間に眠りに付いて朝の遅い時間に目が覚めたり、寝る
時刻が早過ぎて夜に起きている事が難しくなったり、身体の体内時計が
狂ってしまい、夜更かしや朝寝坊、昼夜逆転などを月単位で繰り返す
といった症状を言います。

その他にも、寝ぼけて寝言を言ったり、酷いいびきをかいたり、
無意識のうちに起き上がったりする夢遊病であったり、睡眠中に異常な
行動を起こしてしまうなどの症状を睡眠障害と呼んでいるのです。

睡眠障害は、その原因も症状も様々です。

時には、急性の身体的な疾病が原因となり、睡眠障害に陥っている
可能性もあるので、改善する為にはまず原因を探る事からはじめましょう。

【PR】 キャバクラで働きたい

睡眠障害のチェック方法とは?

睡眠に関して何らかの悩みを抱えている人は意外と多く、その人数も増加傾向
にあるようです。

しかし、睡眠不足により、日常の生活に支障をきたしていても、治療を受けて
いる人は決して多くはありません。

これから自分で出来る睡眠障害のチェック方法を御紹介致しますので、もしも
当てはまるようであれば、一度専門の医療機関を受診してみる事をお勧めします。

・布団に入って寝る準備をしても、なかなか寝付けない状態が毎日のように
続いている。

・8時間以上眠っているのに、まだ睡眠時間が足りない気がして、なかなか
目覚める事が出来ない。

・日中、常に強い眠気に襲われている。

・寝つく時間と目が覚める時間が、意識していないのに毎日少しずつ後ろに
ズレてしまっている。

・睡眠中にいびき等が原因で何度も目が覚め、熟睡出来ない状態が続いている。

・きちんと眠っているつもりでも、なんとなく疲れが取れていない気がする。

「たかだか睡眠不足で病院なんて」とは、決して思わないで下さいね。

睡眠障害には、実は重大な身体の疾患や精神の疾患が隠されているケースがあります。

また、日中の強い眠気によって、他の人を巻き込んだ事故を引き起こしてしまう可能性も
十分に考えられます。

まずは、自分の睡眠障害を自覚して、質の良い睡眠が取れるように生活の改善を図る
よう努力しましょう。

もし、それでも、日中の眠気や倦怠感が残るようでしたら、迷う事なく専門機関での
治療を受ける事が大切です。

【PR】 即日キャッシングできる所

月経随伴睡眠障害とは?

睡眠障害にもいろいろと種類がありますが、その中に女性特有の
睡眠障害がある事を御存知でしょうか。

「月経随伴睡眠障害」と言って、女性特有の現象である月経や妊娠
といったホルモンのバランスに関連している睡眠障害です。

それでは、月経随伴睡眠障害について、ちょっと調べてみましょう。

まず、月経随伴睡眠障害には、次の3つのパターンが多く見られています。

・月経前不眠症・・・月経が始まる1週間くらい前から、
眠れなくなったり、夜中に頻繁に目が覚めたりします。

・月経前過眠症・・・月経が始まる1週間くらい前から、
日中に強い眠気を感じます。この際、夜の睡眠パターンは通常通りです。

・閉経時不眠症・・・更年期でホルモンのバランスが
崩れる事により、自律神経が乱れます。その為、睡眠中でも急に暑く感じたり、
寝汗をかくようになったりして、夜中に頻繁に目が覚めて、熟睡が出来なくなります。

最近の研究では、女性ホルモンの中でも特に、月経前に分泌される「黄体ホルモン」
が、睡眠の質を悪化させている原因だと言う事が判っています。

その為、排卵~月経直前に睡眠障害が多く見られる訳ですね。

これらは、閉経時不眠症を除いて一時的なものである為、普通は月経開始から
2、3日後にはいつも通りの睡眠に戻ります。

ホルモンのバランスによる睡眠障害は、決して病気ではないので、症状があらわれて
いる時期は、毎日をリラックスして過ごすように心掛けましょう。

【PR】 手汗で手をつなげない

概日リズム睡眠障害とはどんな病気?

睡眠障害の一種で、「概日リズム睡眠障害」と言う症状が
ありますが、皆さんはどのような病気が御存知でしょうか。

人間には、体内時計と言うものがあり、一定のリズムを保って
生活しています。

けれど、何らかの理由で、その体内時計のリズムが狂ってしまい、
適切な睡眠をとることが出来なくなり、最終的には身体に異変を
きたしてしまうようになることがあるのです。

このような症状を概日リズム睡眠障害と呼んでいます。

概日リズム睡眠障害は、その原因によって、以下のように分類
されています。

・睡眠相後退症候群・・・夜型の生活を続ける
ことによって、体内時計が後ろにずれてしまい、深夜に寝つき朝起きる
事が出来なくなることを指します。

・睡眠相前進症候群・・・睡眠相後退症候群とは
逆の症状で、体内時計が前にずれてしまい、夜早くに寝つき朝の早い時刻
に起きてしまうことです。

・非24時間睡眠覚醒症候群・・・体内時計が徐々に
後ろにずれることによって、夜寝付く時間も少しずつ遅くなっていくことを
こう呼んでいます。

・時差症候群・・・海外に行った場合に時差によって
生じる症状で、いわゆる「時差ぼけ」です。

・交代勤務睡眠障害・・・夜勤を含んだ仕事の場合に、
シフト勤務等が原因で、体内時計が狂ってしまうケースです。

・不規則型睡眠覚醒パターン・・・睡眠が分断化され、
1日に3回以上の不規則な睡眠がある症状を言います。

自分の睡眠が毎日一定のリズムで行われておらず、身体に何らかの不調を
感じている場合には、無理をせずに精神科や心療内科、または、神経科に
相談するようにして下さい。

【PR】 24時間キャッシング

過眠症とはどんな病気?

睡眠不足で日中に眠いのは、当たり前の事ですね。けれど、「過眠症」と言う病気は、睡眠時間を十分に確保しているにも関わらず、日中に強い
眠気を感じ、起きているのも困難な程になってしまう症状
を指します。

具体的な過眠症の種類には、以下のようなものが挙げられます。

・ナルコレプシー・・・世界的には、
1000人から2000人に1人と言われていて、主に10代
で発症します。日中、突然に耐え難い眠気が襲い、何処ででも
居眠りをしてしまう「睡眠発作」を起こしたりします。例えば、
会議中や大切な試験の時間等、決して眠ってはいけないような
状況でも居眠りをしてしまうのです。

・特発性過眠症・・・ナルコレプシーよりも
有病率は少なく、主に10代~20代で発症します。
睡眠時間を十分に確保していても、日中に眠気に襲われると、
2、3時間は眠ってしまいます。少しずつ眠気が高まって行くと
言った特徴があります。

・反復性過眠症・・・非常に珍しい病気で、
主に10代で発病します。1日に18~20時間も眠るような強い
眠気を伴う「傾眠期」と呼ばれる時期が3日~3週間持続し、その後、
自然に回復して症状がおさまります。そして、再び、不定期に傾眠期が
繰り返し出現してきます。傾眠期と傾眠期の間の、症状がおさまって
いる期間は、普通の日常生活を送る事が出来ます。

過眠症の原因は、遺伝的な要素やストレス等と言われていますが、
確定的な原因はまだ判っていません。

もし、十分に睡眠をとっていても、眠りが足りないと感じるような
場合には、神経内科や精神科等を受診してみると良いでしょう。

【PR】 便秘で困っている

うつ病と睡眠障害との関係性とは?

うつ病と睡眠障害とは、一見すると何の関連性も無い
ように感じられるかもしれませんね。

けれど、実はうつ病と睡眠障害とは、とても深い関わりが
あります。

それは、うつ病を患っている方の大半は、同時に睡眠障害も
患っているケースがとても多いからです。

うつ病には、様々な症状があらわれます。

その中でも、朝早く目が覚めてしまい、その後、なかなか寝付けずに、
布団の中でモンモンと朝を迎えてしまうような、「早朝覚醒型」の
睡眠障害が最も多く引き起こされているようです。

通常、睡眠障害を訴えている人の大半は、実際に家族や医師が
観察すると良く眠っている場合があるのですが、うつ病で睡眠障害を
訴えている人のほとんどは、本当に眠れていないのです。

これは、眠気が無いから眠れない訳ではなく、眠たいのに眠れない
と言う最悪の状態を作り出しています。

このまま睡眠障害が続いていくと、食欲の減退や体重の減少といった
身体的な影響も出始めますので、早期に薬による治療が必要となって
きます。

うつ病の睡眠障害の場合には、うつ病の薬を処方すると同時に、
睡眠薬や精神安定剤を処方して睡眠がとれるように促します。

ただ、いくら睡眠障害が解決出来たとしても、根本の原因となった
うつ病を完治させなければ、再び睡眠障害を発症してしまう可能性が
とても高いので、まずはうつ病の完治を目指す事が大切です。

うつ病の治療が進んでいけば、睡眠障害もおのずとなくなっていく
はずです。

【PR】 お金がいる

無呼吸症候群を手術で治療する?

無呼吸症候群の治療では、手術が必要なケースがあります。

手術では、喉の気道圧迫を減らすための粘膜や咽頭部切除、
扁桃腺摘出が行われることが多いのですが、無呼吸症候群を
発症している原因が鼻にある場合には、耳鼻科による鼻の
手術が行われることもあります。

つまり、無呼吸症候群の手術とは、誰でも同じ手術という
わけではなく、その人の無呼吸になる原因によって判断する
という事になります。

特に、子どもの場合は、扁桃腺が原因のケースが多いので、
扁桃腺切除では大きな効果を得ることが多いのですが、当然、
外科手術はリスクも伴いますから、慎重に判断することに
なるでしょう。

最近では、比較的リスクが少ないレーザー手術も取り入れ
られるようになってきましたが、まだ歴史が浅く、その効果
などが正確に実証・把握されていないという現状があります。

さまざまなリスクはあるものの、対症療法では日々寝るときに
マウスピースやCPAP機器などを装着する手間や寝苦しさが
あるのに比べ、手術ではこれらが改善して根治を目指すことも
可能ですから、そのメリットもあるといえるでしょう。

とはいえ、やはり慎重に判断すべきで、現状では重度の患者さん
だけを対象とする病院がほとんどのようです。

また、鼻の手術の場合だと、手術後もCAPA機器やマウスピース
が必要なケースもあり、それらの機器の効果を高めることが目的で
あることも少なくありませんから、その辺りはよく医師に確認する
必要があります。

【PR】 産後体重元に

無呼吸症候群を治すグッズがある?

無呼吸症候群を治すグッズって、あるのでしょうか?

実際にはあるのですが、グッズと言ってもおそらく多くの人が
想像するような、誰でも購入できるような市販品グッズとは
ちょっと違います。

まず、無呼吸症候群の治療機器としては、一番最初にマウスピース
が挙げられます。

無呼吸症候群治療用のマウスピースは、睡眠時の気道を確保する
ために、下顎を前方に突き出すように矯正して喉を広げるグッズです。

簡易なものなら通販などでも購入することが出来ますが、本来は
各個人の口の大きさや顎の大きさにあったものでなければなりません。

これは、例えば、骨盤矯正ベルトや猫背矯正ベルトのように、S・M・L
などのサイズから選ぶといったものとは、本来はまったく違うものなのです。

ですから、本当の効果を求めるなら、簡易な市販品を購入するのではなく、
歯科医に最適なマウスピースを作ってもらわなければなりません。

ただし、無呼吸症候群と診断された上で専門の歯科医を紹介してもらえば、
保険が適用されますから、自己負担額が安くなります。

市販されている簡易なマウスピースは、無呼吸症候群の治療目的というよりは、
無呼吸症候群の予備軍的存在であるいびきを改善するのが目的のものです。

もちろん、考え方や原理は同じで、喉の気道を確保するためのものなのですが、
あくまでも無呼吸症候群の疑いがある人や程度の軽い人、または、いびきに
悩んでいる人が使うもので、重症の方は病院で作ってもらうべきでしょう。

【PR】 結婚式までにキレイに