自分に合ったスキンケア用品の選び方とは

近年では、ドラッグストアや通販で、スキンケア用品を手軽に買える
ようになっています。

しかしあまりにも多くのスキンケア用品が販売されていて、一体どれを
購入したら良いのか迷ってしまいます。

スキンケア用品を選ぶ基準の一つとして、自分の肌質がどうなのかが
あります。

皮膚は保湿力と、皮脂の分泌状況によって、乾燥肌、オイリー肌、
混合肌などのタイプに分類されます。

乾燥肌の人は敏感肌の人が多くなりますので、まずは自分のお肌が
どの様な傾向があるのかを知っておくべきです。

スキンケア化粧品は種類が豊富ですが、使う人の年齢や肌の状態に
よって区分けされており、配合成分も異なっています。

肌タイプに合わないスキンケア用品を使うと、にきびが悪化したり、
肌荒れの回復が遅くなったりします。

続け易い金額のものを選ぶことも気を付けたい点です。

肌をきれいにしたいからと、とにかくコストの高い商品を選択する
方もいます。

ですが、スキンケア用品でのお手入れで大事なことは、毎日きちんと
継続することです。

最近ではワンコインや初回限定お試し価格等のスキンケア用品も増えて
きています。

最初は、短期間の使用で肌の状態をチェックして、なれてきたら多めに
買うといいでしょう。

肌トラブルにあわせたスキンケア用品の選び方

自分の肌質に合わせた基礎化粧品でケアをすることが、スキンケアでは
重要なポイントといえます。

数あるスキンケア化粧品の中から、自分のお肌に合うものを探すには
どうすればいいでしょうか?

肌の乾燥対策を重視したいという人は、保湿効果の高いものに
しましょう。

保湿効果の高い成分には、セラミドやコラーゲン、ヒアルロン酸、
NMFなどでありますので、そういった成分が使われている商品に
しましょう。

肌が乾燥しやすい人は、外部の乾燥や刺激から肌をガードする働きが
下がっていますので、スキンケア用品自体が肌に刺激になることが
あります。

パラペンフリーや、アルコールフリーのスキンケア用品なら、比較的
肌への刺激が少ないので、お勧めです。

にきび肌の改善を目指している人は、ビタミンC誘導体を含むスキンケア
用品が適しています。

美肌効果が期待できるコラーゲンの生成能力をサポートしたり、皮脂の
酸化や分泌をセーブする働きがビタミンCにはあります。

ビタミンCはシミに対しても効果があるので、ニキビ跡が残りにくく
する作用もあります。

お肌のしみを解消したいという人は、ビタミンC誘導体や、ハイドロ
キノン配合の商品が適しています。

シミの原因となるメラニン色素の生成を抑制したり、シミの除去に
効果を発揮して、肌を白くしてくれます。

日々のスキンケアで肌をどんな状態にしたいかを明確にした上で、
肌質に合わせたスキンケア用品を選択することです。

美容エステを利用して、自分に合ったスキンケア用品を見つける方法

どのスキンケア化粧品にすればいいか迷ったら、エステでお肌のカウン
セリングを受けてみるのもいいでしょう。

自己流でスキンケア用品を選んでも、中には合わないものもあります。

しかし、美容のプロが勧めるものであれば、それぞれの肌の合った
スキンケア用品を紹介してもらえるでしょう。

スキンケア用品だけでなく、ダイエットグッズや、自宅用のエステグッズ
を使ってみるのも肌のためになるでしょう。

健康的に美しくなっていくためには、美容エステだけではなく、自宅での
セルフケアも重要になってきます。

常に健康と美しさを意識して、ケアを行っていくことが、自分自身を
より美しくしていくためには必要です。

肌質の違いは生来のものに加えて、年齢や、日中の過ごし方、環境
などでも変わります。

季節による肌の変化も見逃さないように、注意深くスキンケアを行う
必要があります。

美容エステを利用しているからと言って、プロにだけ任せていても、
美しさを高めていくことは難しいかもしれません。

自分の肌タイプに合わせて、必要な手入れができるようにしましょう。

見た目美しくしていくことは、内面も磨いていくことも大切です。

最初は思うような結果が出なくても、意識して続けていくことで、
いつのまにか心身ともに健康的な美しさを手に入れていくことが
できるでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする